赤ニキビのケア方法は?

赤ニキビになると、毛穴の中にニキビ菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こしています。

 

ビタミンC美容液などを使い、なんとしてもこの段階でニキビを治してしまわないと、
ニキビ跡を残してしまうことになります。

 

 

赤ニキビは毛穴が炎症を起こしている

 

黒ニキビの段階で毛穴の中にできた過酸化脂質を栄養源として、
アクネ菌などのニキビ菌が毛穴の中に繁殖するようになります。

 

それによって毛穴が炎症を起こし、赤く腫れた状態になっているのが赤ニキビです。

 

ニキビは赤ニキビまでの段階で、何としても治してしまう必要があります。
ニキビをそれ以上悪化させてしまうと、ニキビが治ってからも醜いニキビ跡が残ることになります。

 

 

赤ニキビをケアするにはビタミンCが有効

 

赤ニキビをケアするためには、ビタミンCが有効です。

 

赤ニキビをケアするには、まずニキビ菌の増殖を抑えることが重要です。
ビタミンCにはニキビ菌を殺菌する作用があります。

 

また毛穴の炎症が始まると、毛穴周辺に色素が沈着するようになり、
これはニキビが治ってからもニキビ跡として残ります。

 

ビタミンCには色素沈着を予防する大きな効果もあります。

 

 

ビタミンC美容液は浸透力の高いものを

 

ただビタミンC水溶性のため、
そのまま肌につけても脂質で守られた肌の防御機能を通り抜けることができません。

 

ビタミンCをニキビ治療に使うためには、肌への浸透力が高いビタミンCを選ぶ必要があります。