黄ニキビのケア方法は?

黄ニキビはニキビの最終段階です。

 

自力でのケアはあきらめて、病院の皮膚科で薬を処方してもらい、
一刻も早く炎症を抑える必要があります。

 

ただ薬は長くは使用せず、症状が収まったら通常の化粧品を使ったケアに切り替えることが、
ニキビの再発を予防することになります。

 

また凸凹状のニキビ跡は、ビタミンC美容液を使用することで改善されます。

 

 

黄ニキビのケアは自力では無理

 

ニキビが最終段階になると、炎症が毛穴の中だけでなく、毛穴周辺にも広がります。
そのため複数のニキビが1つにつながり、そこに膿がたまります。

 

こうなってしまうと自力のケアは困難です。
一刻も早く病院の皮膚科へ行って薬を処方してもらい、ニキビの炎症を抑える必要があります。

 

 

薬は長く使い続けないのがベター

 

ただ病院でもらった薬は、長く使い続けないのがベターです。
病院でもらう薬は、薬剤耐性などの副作用がある場合があります。

 

また薬で炎症を抑えても、ニキビの根本原因である皮脂詰まりを改善することはできません。
ですから薬だけでは、ニキビは一旦収まったように見えても、再発してくり返すことになりがちです。

 

 

凸凹のニキビ跡にはビタミンC

 

黄ニキビまで悪化してしまうと、ニキビが治ってからも凸凹状のニキビ跡が肌に残ってしまいます。

 

凸凹のニキビ跡は完全に治すことはできませんが、
ビタミンC美容液を美容液を気長に使うことにより、目立たなくすることが可能です。